杉森高等学校

  • 体験入学/学校説明会
  • 資料請求
  • 入学試験について
  • お問い合わせ
  • 在校生ページ
  • 卒業生ページ
menu

保護者の声

  • HOME
  • > スクールライフ
  • > 保護者の声

実習などの専門的な学習を経て、みるみる急成長する我が子の姿。
保護者だからこその視点で語られた生の声をご紹介します。

練習した食材で冷蔵庫がいっぱいに…
実技テスト前の我が家はいつもそうなんです(笑)。
希望していた学校、そして食物科に入学したことで、中学までの息子とは別人のように毎日楽しそうに登校しています。調理の実技テストのきゅうりの小口切りの時は、たくさんきゅうりを買ってずっと練習をしていたので、冷蔵庫がきゅうりの小口切りでいっぱいになったことも。実技テストの前はいつもそうなります(笑)。地元の柳川でおしゃれなカフェをオープンするという夢をぜひ叶えてもらいたいです。
吉田 一崇さん(食物科 3年/柳城中学校出身) と母・千春さん
杉森は「なりたい専門職に就く」ための最短ルート。
目標に向かって頑張る娘の成長を感じています。
私の母校である杉森の看護科を進学先として選んでくれた時は、とても嬉しく思いました。入学後は「しっかり知識をつけないと受け持ちの患者様に申し訳ない」「学ばせてもらっていることに感謝しなければいけない」などの言葉が出るようになり、看護師への思いがより強くなったようです。私も信頼する先生方のご指導のもと、救命救急の看護師になるという夢を叶えてほしいですね。
渡辺 ほなみさん(看護科 3年/大木中学校出身)と母・千恵さん
生徒の夢に一生懸命に向き合い、
生徒と先生が一緒になって将来を思い描ける学校です。
小学生の頃から「福祉の道へ進みたい」という夢があったので、杉森に入学すれば夢が叶うと信じて楽しみにしていました。入学してからもとにかく一生懸命で、もともと強かった責任感が高校に入ってから一段と強くなり、周囲のことをよく考えられるようになりました。杉森は生徒の夢に一生懸命に向き合いながら、その将来を楽しみに接してくださる学校。本人も私も将来が楽しみでなりません!
⻆ 鈴々亜さん(福祉科 2年/大木中学校出身)と母・好江さん
引っ込み思案だった娘が自作の衣装を身にまとい、
ファッションショーで堂々と歩く姿に感動しました。
引っ込み思案で自分から人の輪に入るのが苦手だった娘が、杉森のファッションショーで自作の衣装を身にまとい堂々と歩いている姿を見て胸がいっぱいになりました。先生方からたくさんの励ましをいただき、自信を持てたのでしょう。日頃から手作りの小物入れや手提げをよくプレゼントしてくれるのですが、不器用ながらも相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら作っている娘の姿を想像しつつ、仕上がりの良さに驚かされます。
江口 真南香さん(普通科ファッションコース 3年/筑後中学校出身)と母・八重さん
クラスメイトや先生にも恵まれた楽しい学校生活。
不安や不満などは聞いたことがありません!
ソフトボールの特待生として入学しましたが、礼儀や思いやりの心など集団生活において必要なことを部活の先生や先輩方に指導していただき、人としての成長も感じています。クラスメイトや先生にも恵まれ、学校に行くのがとても楽しい様子。クラスでの不安や不満などは聞いたことがありません。生徒と友達のように接しながら、時には厳しく指導してくださる先生方がいらっしゃる人間味に溢れた学校ですよ!
山口 杏さん(普通科医療系進学コース 3年/筑後中学校出身)と母・美樹さん
福岡県私学協会
職員募集について / 学校自己評価 / いじめ防止基本方針 / プライバシーポリシー
Copyright ©
杉森高等学校
All Rights Reserved.