杉森高等学校

  • 受験者向け行事予定【体験入学】
  • 資料請求はこちらから【パンフレット他】
  • 杉森TV
menu
  • 受験者向け行事予定【体験入学】
  • 資料請求はこちらから【パンフレット他】
  • 体験入学
  • 資料請求

保護者様の声

杉森高校に寄せられる保護者様からの様々なお言葉。
保護者だからこその視点で語られた生の声をご紹介します。
実習などの専門的な学習を経て、
みるみる急成長するお子様の姿に、
多くの保護者様から驚きと喜びの声をいただいています。
個性を大切にし、やる気を引き出してくれる校風で娘の将来の目標もより明確になったようです。
中3の夏に入院・手術を経験した愛華。その頃から「医療系の仕事に就きたい」と考えるようになったようです。杉森高校に入学後、大学の講義や進路説明会に積極的に参加している娘を見て、個性を大切にする校風がやる気を引き出し、将来のビジョンを明確にしてくれてるのだと感じています。

●宮木 愛華さん(普通科医療系進学コース/1年/北野中学校出身)と母・美穂さん

毎日楽しそうに通学する姿。まるで昔の私を見ているようで、懐かしくなりました。
裁縫が趣味の娘が杉森高校のファッションコースへ進学したいと言ったとき、とても嬉しかったのを覚えています。実は私も杉森高校の服飾デザイン科出身で、当時の担任の先生とも久しぶりに再会することができました。毎日楽しそうに通学する娘。まるで昔の私を見ているようです。

●猿渡 杏侑さん(普通科ファッションコース/1年/東山中学校出身)と母・亮子さん

娘がこんなに変わるなんて!私も知らなかった新たな一面を見ることができました。
「菜々がこんなに積極的になるなんて!」と驚かされた3年間でした。文化祭や商店街の秋祭りでは料理やレジ打ちをするだけでなく、自ら呼び込みに行き、先生からは「呼び込みは菜々さんに!」と言われるほど。私も知らなかった娘の一面を見せてくれた杉森高校に感謝しています。

●後藤 菜々さん(食物科/3年/三又中学校出身)と母・ゆかりさん

家でも頻繁に料理を振る舞ってくれる息子。上達ぶりには驚かされてばかりです。
家でつみれを一から作ってくれた時は驚きました。昔から料理が好きで祖母とよく作っていたことは知っていましたが、ここまで上達しているとは!杉森高校は実習が多く、料理の腕もメキメキと上がっているようです。今では私よりも料理上手になってしまいました(笑)。

●古賀 隼希さん(食物科/3年/福島中学校出身)と母・あぐみさん

看護師の先輩・杉森高校の先輩として、娘の学校生活をサポートしたいです。
看護師の私が卒業したのが、杉森高校の看護科・看護専攻科。娘が看護師になるために杉森高校を選んだときは安心しました。夢を叶えるには一番の近道ということは私が身をもって経験していますから。看護師と杉森高校の先輩として娘の高校生活を支えたいですね。

●江頭 来未さん(看護科/2年/柳城中学校出身)と母・身和さん

小学生を助けた優しい心を忘れず、面倒見の良い看護師になってほしいです。
早く看護師になりたいという娘が選んだのが、5年一貫教育の杉森高校の看護科でした。通学中に倒れた小学生を助けたという話を聞いたときは、看護師としての自覚が出てきたのだと嬉しかったですね。その優しい心を忘れず、面倒見の良い看護師になってくれることを期待しています。

●福﨑 すみれさん(看護科/3年/大川中学校出身)と母・弘恵さん

生徒だけでなく保護者にも寄り添ってくれる杉森高校。親子でこれからもお世話になります。
杉森高校は私の母校。朝早くから学校へ行く未来を見ると、本当に学校が楽しいのだと伝わってきて、学生のころをよく思い出します。昔と変わらず母の立場になっても親身になって話を聞いてくれる先生方。生徒だけでなく、保護者にも寄り添ってくれる学校なのだと安心しました。

●足立 未来さん(福祉科/1年/星野中学校出身)と母・佳代さん

同じ目標を持った仲間と切磋琢磨しながら頑張る姿をこれからも応援し続けます。
福祉の仕事をしたいと目標を決めてからは、毎日コツコツと勉強をするようになりました。同じ目標を持った仲間とも出会い、お互いに切磋琢磨しながら頑張っているようです。入学後、少しずつ自分を出せるようになり責任感も出てきた向平。目標に向かって頑張る姿を応援したいと思います。

●松本 向平さん(福祉科/2年/柳南中学校出身)と母・博子さん

入学試験について / 職員募集について / 学校自己評価 / プライバシーポリシー
杉森高等学校
〒832-0046
福岡県柳川市奥州町3番地
TEL.0944-72-5216
FAX.0944-72-5218
Copyright ©
杉森高等学校
All Rights Reserved.