杉森高等学校

  • 体験入学/学校説明会
  • 資料請求
  • 入学試験について
  • お問い合わせ
  • 在校生ページ
  • 卒業生ページ
menu

福祉科

専門的かつ高いレベルの資格を有する教員の授業をはじめ、介護施設での実習、少人数制で細部まで行き届くサポート、
宿泊研修などを通して「地域の福祉を支える介護福祉士」を育成するのが杉森の福祉科。
福岡県初の福祉学科として設置され、多くの介護福祉士を輩出してきました。全国で介護関連職の人材不足が叫ばれている昨今。
それだけに、地域から杉森の福祉科に寄せられる期待は大きなもの。
ここで学んだ知識と技術は「介護福祉士国家資格」という形で豊富な就職先をもたらします。
進学し、社会福祉士や精神保健福祉士、理学療法士、作業療法士、さらには保育士や看護師などのキャリアプランも。
皆さんもここで豊かな心やスキルを身につけてください。「福祉のスペシャリスト」へ成長する特別な3年間がここにあります。

地域との信頼関係が
実習や就職をサポート
福岡県で初めて福祉学科を設置した杉森高等学校。これまで県内の福祉施設に数多くの介護福祉士を輩出し、活躍していることから、地域福祉の担い手として、地域との強固な信頼関係があります。
一人ひとりの習熟度を把握した
マンツーマン指導
生徒一人ひとりに目が行き届き、それぞれの習熟度に合わせたマンツーマン指導を実現します。また、それを通して信頼が生まれ、なんでも相談できる環境があるのも魅力です。
交流の場で人間力を高める
ボランティア活動
特別支援学校や高齢者施設にて、様々なボランティア活動と校外実習を行うことで、交流の場を広げています。座学だけでなく体験を通して、介護の現場を知ることができ、人間力を高めていきます。
実習への決意を新たにする
「介護実習激励会」
超高齢社会となっている我が国の福祉の現場で、即戦力として活躍するために必要な心、知識、技術を習得するための介護実習。「介護実習激励会」で決意を新たにし、福祉施設での実習に挑みます。
社会に貢献する心を養う
「介護の日」
厚生労働省の定めた「介護の日(11月11日)」には、介護についての理解を深めるために、高齢者施設や保健センターなどへの訪問も行い、介護現場で必要不可欠なコミュニケーションスキル向上に役立てます。
「施設奨学金制度」
スタート
杉森高等学校の福祉科では、令和元(2019)年度より施設の奨学生として奨学金が貸与される「施設奨学金制度」がスタート。経済的な理由で夢を諦めることがないようにサポートしていきます。

福祉科で取得できる資格

介護福祉士国家試験受験資格

介護福祉士国家試験合格率93.3%

先輩からのメッセージ

校内実習では先輩たちに教えてもらいながら技術向上を目指しています。
先輩たちみたいに頑張るぞー!
介護福祉士の資格取得を目指して杉森に入学しました。わからないことは先生や先輩に聞きながら、自分が納得できるまで考える。資格取得のために専門教科の勉強を怠らないようにしています。
石塚 彩音 さん(1年/牟田山中学校出身)
カリキュラムを見る
福岡県私学協会
職員募集について / 学校自己評価 / いじめ防止基本方針 / プライバシーポリシー
Copyright ©
杉森高等学校
All Rights Reserved.