杉森高等学校

  • 体験入学/学校説明会
  • 資料請求
  • 入学試験について
  • お問い合わせ
  • 在校生ページ
  • 卒業生ページ
menu

普通科:ファッションコース

  • HOME
  • > 普通科 ファッションコース

ファッションデザインに必要な知識や技術を学び「ファッションのスペシャリスト」を目指すのが杉森のファッションコース。
杉森伝統の服飾・ファッションのコースがより現代的で、実践的に生まれ変わりました。
色彩や縫製などの「基礎力」を磨く1年次。素材・布地や、パソコン技術を使った表現などの「実践力」を学ぶ2年次。
ファッションショーの企画立案・実施・運営から高度な縫製技術などの「応用力」を身につける3年次と、
段階的なカリキュラムでスペシャリストを育成。業界での一連の流れを学び、夢や適性を見極めます。
長年ファッション分野に多くの人材を輩出してきた杉森ならではのネットワークも、卒業後のキャリアプランを幅広く彩ってくれるはず。「ファッションのスペシャリスト」に成長する特別な3年間がここにあります。

造形や色彩などを基礎から学ぶ
「ファッションデザイン」
造形や色彩に関する知識を基礎から学びます。いかにしてセンスを磨くか、感性を高めるかなど、ファッションデザインのアイデアを生み出す手法を学ぶことができ、ファッションコースの核となる授業の一つです。
縫製スキルを磨く
「ファッション造形」
ミシンの使い方や縫製の仕組みなど、縫製に関するイロハを基礎から徹底的に学び、そのスキルとセンスをファッションショーで披露します。また、各学年で受験する被服製作技術検定取得にもつながっています。
パソコンなどのITツールで身につける
情報活用能力
パソコンやITツールを使い、ファッションや流行についての情報収集を行うことで、情報活用能力を身につけます。また、基本的なパソコン操作やファッション表現のための実践的な操作を学びます。
ファッションを輝かせるメイク術を学ぶ
「トータルビューティー」
トータルビューティーの授業では、季節やシチュエーションに合わせたファッションをより輝かせるヘアメイクについて、メイクのプロや美容専門学校の先生から直接学びます。3年次に、その技術をファッションショーにて活用します。
素材や布地が持つ特性を知る
「アパレル素材」
ファッションデザインに必要不可欠な「素材」について学ぶことができる授業です。通気性や肌触り、耐水性など素材それぞれが持つ特性を知ることで、素材の良さを生かしたデザインが可能になり、表現の幅も広がります。
3年間の集大成ともいえる
「ファッションショー」
3年次はファッションショーを中心とした1年間と言っても過言ではありません。ショーの企画立案から作品製作や演出方法、メイク、空間演出など、3年間の集大成として身につけたスキルを思う存分発揮できます。

ファッションコースで目指す職業

ファッションデザイナー / 縫製技術者 / スタイリスト / アパレル販売員 他

ファッションコースで取得できる検定など

被服製作技術検定 / ファッション販売能力検定員 他

先輩からのメッセージ

初めてのファッションショー!
文化祭は先輩たちと頑張って製作します!
私の夢は世界一のファッションデザイナーになること。そのために自分の力だけでファッションデザインとコーディネート、そしてプロデュースできる力を杉森で身につけたいです。
大田 由利 さん(1年/瀬高中学校出身)
カリキュラムを見る
福岡県私学協会
職員募集について / 学校自己評価 / いじめ防止基本方針 / プライバシーポリシー
Copyright ©
杉森高等学校
All Rights Reserved.